シンスプリント

シンスプリント治療なら長崎県雲仙市の前田鍼灸接骨院

シンスプリントとは別名、過労性脛部痛とも言い、走ることが多いスポーツを行っている人に多く、運動時や運動後にふくらはぎ(下腿)の内側に慢性的な痛みが起こるものです。
時間がたつと非常に治りが悪くなり、早期に治療を始めなければなりません。そうなる前に長崎県雲仙市の前田鍼灸接骨院までお越しください。

原因と症状

原因としては、偏平足、オーバーユースシンドローム(使いすぎ)、コンクリートの上などの硬い場所で走っているなど、様々な要因があります。
症状は、徐々に発生する下腿内側(ふくらはぎの内側)の圧痛、運動時痛、腫張が主症状です。
ふくらはぎ(下腿)の周りには「ヒラメ筋」「腓腹筋」「前脛骨筋」など様々な筋肉が付着していて、その筋肉が走ったりするときに引っ張られて、骨膜に炎症が起き、痛みが発生します。

治療法

長崎県雲仙市の前田鍼灸接骨院のでは、運動量など、考えられる原因を制限します。急性期は局所の安静(ランニングの休止)、アイシング、アイスマッサージなどを行います。
また、予防の為に足底板を用いる場合もあります。

当院へのアクセス情報

前田鍼灸接骨院

所在地〒854-0302 長崎県雲仙市愛野町乙407-3
駐車場約5台あり
予約(問い合わせ・電話予約)全身骨格矯正・交通事故患者様予約優先
電話番号 0957-36-3810
休診日日曜・祝日
院長前田 輝政
各方面からのアクセス方法はこちら